みんな遊ぶのが好きですね。

雨宮も遊ぶの好きです。

でも、一番面白い遊びが仕事や勉強です。

何言ってんのコイツ( ̄▽ ̄;)
また精神論とかウザい( ̄▽ ̄;)

だいたいそんな反応の人が多いですね。

遊びだとか仕事だとか勉強だとか言葉は違うけど、僕がやってる事は一緒なんだと思うんですよ。

何が一緒なのかをちょっくら考えてみたいと思います。

 

遊び・仕事・勉強の認識

遊びって「遊び」だと思ってるから何も考えず楽しい事だと認識して夢中になってる気がします。

勉強って言葉を聞くと何だか面倒くさいと言う認識があるから夢中になれないんじゃない?

仕事って大変だと言う認識があるから夢中になれないんじゃないですかね?

なんでこんな事いうのかと言うと、先日親戚の4歳の子供にこんな事言われたんですよ。

「勉強するの嫌~」

 えっ?勉強したことあんの??

 何をしようとしてたかと言うと、ipadのアプリで指で50音を押すと「あ」とか音声が流れるアプリなんです。

このアプリ結構人気で、親戚の別の子供達は大好きでこれで結構言葉を覚えたんですよ。

「ママ」とか「パパ」とか押して楽しんでる訳なんです。

なのにその4歳の子は50音の羅列を見た瞬間に勉強と判断したみたいでやる前から「嫌」と言う認識なんですね。

つまり、認識の仕方でこのアプリが勉強にもなるし遊びにもなるんですね。

これに気が付いた時に面白いなぁと感じました。


常識にとらわれ過ぎていませんか?

勉強が嫌とか仕事が嫌とか、いつから刷り込まれたんでしょうね?

みんなが仕事が嫌とか勉強が嫌とか言うから何となく仕事や勉強は嫌な物だと思い込んでしまっているだと思うんですね。

さっき書いた子供の話と同じですね。
勉強もしたことない人間が、勉強が嫌と言う認識は既に持っているんです。

遺伝的な部分もあるんだと思います。

そういう必要のない常識に知らない間にとらわれているんだと思います。

常識にとらわれず、必要な事は視点を変えて楽しくする

なんでも楽しくしろって意味じゃなくて、自分が必要だなあと思う事についてはあれこれ視点を変えてみて楽しくなる視点を見つければいいんだと思います。

雨宮は仕事すればお金が稼げるので仕事が好きです。
また、感覚的に嫌だった仕事でも突き詰めていくとスキルもアップしてドンドンのめり込んで面白くなってきたり夢中になってたりします。

勉強だってそうです。
私は知らない事を知る事が好きです。
世の中知らない事だらけなので、新しい事を知ると凄く楽しくなるんでよね。

そうだったのか~ってね。

子供の頃って何でも新鮮で毎日楽しかったと思います。 
それって知らないことが殆どで、周り全てが新しくて知る事が楽しかったんだと思います。

スーパーに行くことだってウキウキして母親に着いて行ってたと思います。

人間生きていると毎日情報量が増えてきます。

増えた結果、知らないことが少なくなった感覚があって、何をやっても新しくなくて、毎日同じで平凡で・・・

だからつまんないんだと思います。

でも世の中はいくら勉強しても全くもって全てを知る事はできません。

つまり、いくらでも新しい事はあるってことです。

1つの事をわかってたつもりが、違う視点で見ることで世界が全く変わることも多々あります。

仕事も遊びも勉強も、全てそれをやる人の思考次第だと思うんですよね。

ある程度好き嫌いはありますが、そんなこと言う前に視点を変えてみると充実すると思いますよ。

精神論は楽しいですね。